早漏改善!セックスでペニスの持久力を上げるためには?

早漏が原因で性行為に自信が持てない、パートナーをがっかりさせてしまった、なんて経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?射精までの時間には個人差がありますが、日本人の場合はおよそ3分以内で射精に至る場合、早漏気味であると考えることができます。

しかし早漏の原因のほとんどは生まれつきの問題ではなく、努力次第で十分に克服することができます。

そこでこちらでは早漏の原因や、早漏を克服するためのトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。

早漏の原因とは?治るものなの?

早漏の原因は遺伝や体質的な問題ではなく、単にペニスへの刺激に慣れていない、射精のコントロールが上手くできないといったものがほとんどです。そのため回数をこなしていき、訓練を重ねれば早漏を克服することは

○過敏性早漏

早漏の原因としては最も多く、まだペニスへの刺激に慣れ切っていない10代~20代の方によく見られます。特別に亀頭や陰茎が敏感な体質というわけではなく、単に刺激に順応しきれていないだけなので回数を重ねることで克服可能です。

○包茎性早漏

勃起時以外に亀頭が包皮に包まれているために、外的刺激に弱くなりがちな仮性包茎の方によく起こります。日本人のほとんどはこの仮性包茎ですので別段気にすることではありませんが、仮性包茎を根本的に治すためには手術を行う必要があるため、まずはトレーニングで持続力を底上げしてみましょう。

○衰弱性早漏

こちらは年齢を重ねたことにより筋力が弱まり、射精をコントロールしている筋肉の働きも低くなってしまうことで引き起こされます。

若い頃よりも射精時間が短くなったという方は、この衰弱性早漏の可能性が高いでしょう。

早漏を克服して持久力を上げるにはどうしたら良い?

先ほど早漏の原因のほとんどは刺激に慣れきっていないことによるものとお話しましたが、ただやみくもに回数を重ねているだけでは早漏を助長してしまう可能性があります。確かに回数を重ねて刺激に強くなることが1番の近道ではありますが、早漏の原因となるようなオナニーを日常的に行っている場合、まずはその習慣を改善してみましょう。

○早漏の原因となるようなオナニーを改善!

・皮オナニー

包皮で亀頭を刺激する方法ですので、亀頭が直接的な刺激を受けることがないのが問題です。

・早抜きオナニー

コソコソと隠れて、早く射精しようとするオナニーを繰り返しているとその射精時間に体が慣れてしまいます。

○早漏を改善するには具体的にどうしたら良いの?

ズバリ、早漏を改善するためにはイキそうになったところで手の動きをとめる寸止めを繰り返すのが最も効果的です。最初は難しいかも知れませんが、徐々に射精までの時間を伸ばしていくことを目標に頑張りましょう。

その際、ペニスを傷つけてしまわないようにローション等を用いるのがおすすめです。

また、こうしたトレーニングと併用してサプリメントに頼るのも効果的です。相乗効果によって、より短期間での結果を期待することができます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする