筋トレでペニスの硬さをアップさせるためには?

ペニスの大きさや硬さにコンプレックスを持っていても、なかなか病院を受診する勇気はわきませんよね。病院では実際にペニスを見られることもありますので、できれば人知れず改善したいものです。

そこで、ペニスの増大について調べていると「筋トレによってペニスが大きく、硬くなる!」という情報が出回っていますが、実際のところはどうなのでしょうか?そこでこちらでは、腕や脚の筋肉のように、トレーニングによって本当にペニスを鍛えることができるのか調べてみました。

◆筋トレでペニスの硬さをアップできる?

結論から申し上げると、筋トレによってペニスを鍛えることは可能です。

ペニスにはBC筋と呼ばれる短い筋肉があり、ペニスの根元の裏側にあり通常は体内に埋もれています。このBC筋は他の筋肉と同じように鍛えることができ、トレーニングを継続することでペニスの大きさや硬さを増強することができるのです。

しかし、それ以外にも筋トレによる様々な作用によってペニスの硬さを鍛えることができます。

○成長ホルモンが分泌される

成長ホルモンはその名の通り、骨を大きくして身長を伸ばすために欠かせないホルモンです。しかし、実はこの成長ホルモンは骨だけではなく、肌や髪、そして筋肉をつりだす過程でも作用し、私たちの体をつくり出す上で必要不可欠なホルモンです。

それはペニスも例外ではなく、筋力トレーニングを行うと、この成長ホルモンが通常よりも多く分泌されることが分かっています。ただし成長ホルモンの分泌量は生活習慣や睡眠時間にも大きく左右されるため、規則正しい生活を送ることも大切です。

○血流が増加する

体を動かしてトレーニングを行うことで、血行が促進され血流が増加します。

ペニスが硬くなるのは、体ではペニスに急激に血液が集まり海綿体細胞に流れ込むというメカニズムですので、海綿体に供給される血液量を増加させることはペニスの増大に欠かせない要素です。

◆ペニスの硬さをアップさせるためのトレーニングとは?

誰でも気軽にできる方法としては、スクワットがもっともおすすめです。

スクワットでは下半身全体の筋肉を鍛えることができますが、その時ペニスの根元付近にある恥骨尾骨筋という筋肉も鍛えることができます。この筋肉は勃起時の強度を高める働きを持っており、スクワットをしながらじわじわと鍛えていくことで、ペニスの硬さを徐々に高めることに繋がるのです。

筋トレと併用してペニス増強サプリメントを活用するのもおすすめです。相乗効果でよりスピーディな結果を手にしましょう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする